ネキシウムの服用タイミングは特に指定されておらず自由に服用できますが、症状によっては服用方法が変わってきます。正しくネキシウムを服用できるようになりましょう。

  • ホーム
  • 安中散やセトラキサートで痛み取れない方にネキシウム

安中散やセトラキサートで痛み取れない方にネキシウム

色々な薬

現代日本ではインターネットの普及や不況による影響で、非常にストレスの多い環境となっています。
仕事中では朝から晩まで働いた上に長時間の残業というノルマが与えられ、身体的にストレスがかかっているにも関わらず、安らげるはずの自宅でもスマートフォンでの会話やブログ更新に追われるなど、精神的ストレスもかかってきます。
多くのストレスにさらされ続けた結果、ストレス性の胃炎や胃の荒れ、食欲不振といった症状を抱える方が急速に増加しています。

安中散はそんなストレスが多い方にぴったりの生薬です。
安中散は冷え症で胃が弱く、体力のない方によく効くことから、女性向けの体に優しい生薬となっています。
もう少し体力のある男性向けの胃薬はセトラキサートという薬が勧められています。
セトラキサートは、セトラキサート塩酸塩という形で表記されるため「塩酸」という文字に驚く方もいますが、胃の粘膜を溶かしてしまうほど強い酸である胃酸を中和して、胃の粘膜を保護してくれる胃薬の一種となっています。
医療機関では、頭痛薬などといった鎮痛薬の服用で胃の粘膜がただれてしまう方によく処方されています。

安中散といった市販薬で様子を見ても一向に改善の気配がない胃の痛みや不調には、ネキシウムという最強クラスの胃薬が助けてくれます。
医療機関でしか処方できないネキシウムは、生薬の服用時には感じられない即効性を感じ取ることができ、しかも胃酸止めの成分を含むことから、色々な薬を混ぜ合わせたハイブリッド型の胃薬となっています。
ネキシウムを、体を休める睡眠の前にたった一つ、一日一回服用するだけで、翌朝には胃の痛みが取れて食事を美味しく食べられる爽やかさを感じることが可能です。

関連記事