ネキシウムの服用タイミングは特に指定されておらず自由に服用できますが、症状によっては服用方法が変わってきます。正しくネキシウムを服用できるようになりましょう。

  • ホーム
  • ネキシウムは初期段階で有効だか念のため人間ドックを

ネキシウムは初期段階で有効だか念のため人間ドックを

カプセルと瓶

ネキシウムは逆流性食道炎の治療に使われる薬です。
逆流性食道炎は胃酸が食道の方へ逆流して、不快な症状が起こる病気です。
その症状としては胸焼けや吐き気、膨満感などがあります。
これらの不快な症状を和らげるのにネキシウムが役立ちます。

この薬が特に有効なのはこの病気の初期の段階です。
ですからできるだけ初期の段階で病院に行って、治療を開始するのが良い方法です。
逆流性食道炎は命に関わる病気ではありませんが、初期の段階でネキシウムなどによる治療を怠ると深刻な病気が起こる恐れがあります。

その病気とは食道がんのことで、胸焼けや吐き気といった不快な症状がずっと続いて、何も治療をしていなかったら、念のために人間ドックを受けてみる必要があります。
人間ドックで異常が何も見つからなかったら安心できますし、見つかったらすぐに治療を開始する必要があります。
たとえがんであっても初期の段階で治療すれば、完治することが多いです。
胃の不快な状態が長く続いている場合は、かならず人間ドックを受けましょう。

胃はストレスを受けやすい器官の一つで、逆流性食道炎の原因の一つもストレスだと言われています。
ネキシウムのような薬を取る前に、できるだけ日常生活のストレスを小さくする必要があります。
気分転換に軽い運動をしたり、自分の好きな趣味に打ち込むのが良い方法です。

そういったストレスを小さくする生活をしても、逆流性食道炎になってしまうことはあります。
食事が西洋化した現代の日本では、この病気を持っている人はたくさんいると言われています。
胃酸を抑えることがこの病気の症状を改善する一番良い方法です。
それにはネキシウムのような薬も有効ですが、食事にも気を付けるようにしましょう。

関連記事